三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空 

三重県|剪定伐採お庭のお手入れ専門店【剪定屋空-sora-】の作業事例ブログです。 
三重県菰野町にあるお庭のお手入れ専門店剪定屋空-sora-です。 庭木剪定,伐採,植栽,庭造り,草刈り,防草シートなどお庭のお悩み事ならお気軽にご相談ください。ご対応エリア三重県 四日市 鈴鹿市 桑名市 亀山市 津市 松阪市 伊勢市 いなべ市 東員町 朝日町 川越町 木曽岬町 菰野町

剪定屋空-sora- https://www.senteiyasora.com

〒510-1326 三重県三重郡菰野町杉谷2304−1

記事一覧(756)

今年の人気品種は?ぷくぷく感に癒される「多肉植物」

葉や茎がぷっくりとふくらんだ丸み、ツヤのある表皮、その独特のフォルムやカラーがかわいらしい多肉植物。画像はハロウィン仕様の寄せ植えです。(知人作)ここ数年ブームともいえる人気の高い多肉植物ですが、一般的な定義としては、 葉や茎、根の内部などに水分を蓄える機能を持った植物の総称。 とされています。原産地としては南アフリカ、マダガスカル、メキシコなど。日本固有のベンケイソウ科系の品種も希少ながらあるようです。エケベリアやセダムなどがメジャー品種ですが、サボテンやアロエもその仲間。とにかく品種の数が多い植物で、原種だけでも1万種以上、園芸品種も含めると2万種を超えていると言われます。まだまだ新品種も増えるのではないでしょうか。株を増やしたり、寄せ植えしたりといったガーデニング派の方も、雑貨やインテリアとしてセレクトする方、コレクターの方などその愛着ぶりはさまざま。流行もあれば個人の嗜好も強い植物ですが、今年はどんな種類が人気だったのか?少し調べてみました。あくまでも売れ筋ということになるのかと思いますが、ランキングをいくつかチェックすると、上位は不動の?「サボテン」。金色系やプチサイズのものが人気のようです。続いては多肉といったらコレ!という感じの「エケベリア」。お花のようなスタイルやレッド系などかわいいカラーも多いですね。そして宝石のような「ハオルチア」、緑のツルか植物「グリーンネックレス」…といった顔ぶれ。王道品種が並びますが、ひと株ごとに個性があるのも多肉の魅力。同じ品種でもピンとくる出逢い、あるかもしれませんよ。

お酒になる?秋を彩る花火花「ダリア」

花色、花の形ともにバラエティー豊か、花火のように華やかでダイナミック、それでいて繊細な美しさ。愛好家を惹きつけてやまない魅力的な花「ダリア」です。オーキッド咲き、ポンポン咲き、アネモネ咲き、カクタス咲きなどなど…花型だけでも17種ほどあるスタイルの多さ。世界では2万~3万種の品種があるというので驚きです。ダリア:キク科・テンジクボタン属、原産地はメキシコ(グァテマラの高原地帯という説)、学名・英名Dahlia、和名を天竺牡丹(てんじくぼたん)開花期は夏から秋、10月頃には全国のダリア園で美しい花が見ごろになるようです。日本に入ってきたのは江戸時代後期、昭和期には「ダリヤ」という名称が使われ、今ほど派手さはないものの、庭先に咲く家庭の夏花として普及しました。今では観賞用の代表各ですが、そもそもは「食用として」の用途があったようです。かつて「ダリヤ(ダリア)は毒がある」と噂が広まっていた時期がありましたが、現在では検証も進み「ダリアは無毒」であり、花も茎も、そしてサツマイモやサトイモのような立派な球根は天ぷらや漬物として食べられています。そして花の名所「ダリヤ公園」のある山形県、川西町の樽平酒造さんでは、ダリアの球根から造った「ダリア焼酎」も販売。「ダリア焼酎たるへい」は「米・米麹・ダリアの球根を蒸して細かくしたもの」を発酵させてできた醪(もろみ)を蒸留し、アルコール分を回収。ダリアの球根は30%以上使用。アルコール度数25度、くせのないフルーティーな味わい、なのだそう。香りは?味は?ちょっと気になるお酒ですが、ゴージャスな花を想いながら飲む焼酎…そんな風情あるお酒タイムも良さそうですね。

魅力的なチョコ色「チョコレートコスモス」

まさにお菓子のチョコレートのようなかわいい花を見つけました。スイーツ好きにはたまらないチョコ色の素敵な花色です。チョコレート秋桜(コスモス):キク科コスモス属、メキシコ原産の多年草で品種により5月頃から咲く夏咲き、10月~11月頃に咲く冬咲きの他、四季咲き性品種では夏と冬を休んで春から秋までが開花期となります。ただ日本の高温多湿にはやや弱いようで、越夏越冬は難しいという記述も見かけました。残念ながら原種のチョコレートコスモスは野生では絶滅しているようで、園芸店などに置かれているのは性質の強いキバナコスモスなどと交雑させた交配種。深い黒褐色、濃厚な赤がメインですがピンク系やオレンジ系もあり、チョコモカ、ショコラ、キャラメルチョコレート、ノエル・ルージュなど響きももかわいい名称が多いです。少し前からTVなどでも紹介され、そのシックな色とチョコレートの香りがする?!という魅力でガーデナーの中でも人気が高まっているのだとか。出会ったこの花は残念ながらチョコレート!!…というほど強い香りではなかったのですが(満開期ではなかったせいかも)、パープル系や白の可憐で大ぶりなコスモスとはまた違う魅力の甘い香りも堪能してみたいものです。検索していると、小説やコミックなどのタイトルに使われているワードもたくさんあって、ネーミングとしてもちょっと意味深い、魅力があるのでしょう。花言葉はシックな色が連想させるのか「恋の想い出」「恋の終わり」…ちょっと寂し気な言葉でもありますが、物想う秋の鑑賞に、また同名の小説など読みながらの鑑賞などはいかがでしょうか。

首かざり、お手玉…優しい手触り数珠玉ビーズ「ジュズダマ」

数珠玉(ジュズダマ)が丸い実をつけ始めました。(正確には実ではなく花を包む苞葉鞘<ほうようしょう>という部分なのだそうです)グリーンから黄色、黒色へと変わっていく玉のようなカタチ、集めて中を取り除いてできた空洞に糸を通してお手玉や首飾り…、懐かしいという方も多いかもしれません。数珠玉:イネ科ジュズダマ属、別名にトウムギ、ツシダマ、ズズコなど。東南アジア原産で日本にもかなり古い時代から入り野生化していたようです。繁殖力は強く道沿いや川沿いの空き地、土手など日当たり良い湿地に育ちます。9月~10月頃に花を咲かせツボ型の硬い玉の部分は種子を守る役目。ツルツルして艶のある光沢、優しい手触り、白っぽいもの、ブラウン系、黒、縞模様など色柄のバリエーションも豊かで貝殻や天然石のよう。数珠をイメージされたのも納得です。数珠はお葬式や法事、お参りの際に身に着ける仏具であり、御守りとして身に着ける方も多いですね。球を繰りながら唱えるお経の回数を数える用途もあります。ちなみに数珠の球数は本来108個、人の煩悩の数とされ数珠(念珠)があらゆる煩悩を引き受けてくれるとされています。またカトリックでのロザリオも数珠と同じような役割ももっていて、聖人マザー・テレサのロザリオはジュズダマで作られたものだったという話もあるようです。クラフト材料として不動の人気植物ですが、ジュズダマの草むらなどひと昔前より見かけることが少なくなっているような気もします。ブレスレット分のジュズダマを集めるのもなかなか大変な時代なのかもしれませんね。